ABB とIBM が産業向けAIソリューションで協業

2017-04-25 - 2017年4月25日スイス、チューリッヒ発 :ABB Ability™ とIBMの Watsonを組み合わせ、さらに上の顧客価値を創出

ABB と IBM (NYSE: IBM)は、本日戦略的協業を発表しました。電力、産業、交通、社会インフラのお客さまに新しい価値をもたらすべく、ABBの業界をリードするデジタルオファリング、ABB Abilityと、IBM WatsonのIoTにおけるコグニティブ(認識)能力を組み合わせます。

お客さまは、ABBの業界における深い知見、デジタルソリューションの包括的ポートフォリオと、IBMのAI(人工知能)および機械学習における経験、異なる業種での経験の双方の利点を活用していただけます。ABBとIBM共同で最初にご紹介する2件のソリューションは、ABB AbilityとWatsonによって強化され、工場の生産現場で、そしてスマートグリッドで、リアルタイムのコグニティブインサイトを提供します。

「この強力な組み合わせは、まさにネクストレベルの産業技術を示すものです。現在の単に情報を集めるシステムを超越し、データを検知、分析、最適化し、最大の稼働時間、生産スピード、生産性を産業界のお客さまにもたらすために活用し、アクションを取ることのできる生産工程、機械へと進化するのです。」とABBのCEO,ウルリッヒ・シュピースホーファーは述べています。「7,000万もの接続機器、7万のデジタル制御システム、6,000のエンタープライズソフトウェアソリューションの設置基盤を持つABBは、産業界で信頼をいただいているリーダーであり、40年もの間、お客さまにデジタルソリューションを提供してきた長い歴史を有します。IBMは、AI、コグニティブコンピューティングのリーダーです。ABBとIBMはともにお客さまが第四次産業革命の恩恵を享受できる強力なソリューションを創り出していきます。」

画期的な新ソリューション
ABBとIBMにより開発された一連の画期的な新ソリューションは、例えば、品質管理、ダウンタイムの削減、生産スピードの向上、生産性の向上など、産業界で企業が抱える最大の課題に全く新しい方法で対処することを支援します。これらのソリューションは単にデータを収集する現在の接続されたシステムを超越し、データを活用して理解、検知、判断しアクションを取るコグニティブな産業機械によって作業者を支援し、非効率な工程や冗長なタスクを排除することができます。

「ABBとのこの重要なコラボレーションにより、Watsonは、製造から電力、交通まで、産業分野のアプリケーションにより深く入っていくこととなります。」と、IBMの会長、社長兼CEO、ジニー・ロメッティは述べています。「事業会社の製品、生産設備、システムから生成されるデータは、イノベーション、効率化、安全における飛躍的な前進の可能性を秘めています。Watsonの幅広いコグニティブ能力と、我々のプラットフォームの他に例を見ない産業へのサポート力のみが、この膨大な新しい資源を信頼できる価値へと変えることができるのです。この産業の新時代に、ABBとパートナーとして積極的に協業していきたいと思います。」

リアルタイムのコグニティブインサイトを工場の生産現場へ
例えば、ABBとIBMは、WatsonのAIを活用し、ABBのシステムが撮影したリアルタイムの生産現場の画像をIBM Watson IoT for Manufacturingで解析し、不良品を検知しています。このシステム導入前は、これらの製品検査は人手によって行われていましたが、時間がかかり、間違いが生じがちでした。Watsonのリアルタイムコグニティブインサイトの能力をABBの産業自動化技術とともに導入することにより、お客さまは生産ラインからの製品の増加にも対応でき、同時に精確性と一貫性も担保できます。部品が生産プロセスに混入した場合は、目視では確認できませんが、ソリューションから組立て品質における重大エラーとしてアラートが生産者に届きます。これにより、品質管理の専門家の素早い介入を可能にします。欠陥をより容易に認識できることは、生産ライン上のいかなる製品にも大きな影響が見込まれ、費用のかかるリコールや風評被害を防ぎ、企業の競争力向上に寄与します。

リアルタイムのコグニティブインサイトをスマートグリッドへ
もうひとつの例として、ABBとIBMはWatsonの能力を、発電、電力需給のパターン予知を過去データおよび気象データから導き出し、電力会社が従来の電源と再生可能エネルギーの新しいバランスによっていっそう複雑化する今日のスマートグリッドの運用、メンテナンスを最適化する支援をしています。気温の予測、日照、風速などが需要予測に用いられ、電力会社はリアルタイムのプライシングだけでなく、負荷調整の最適化が可能になります。

ABBについて
ABBは、電力、一般産業、交通/社会基盤においてエレクトリフィケーション・プロダクト、ロボティクス&モーション、インダストリアル・オートメーションおよびパワーグリッドの各分野において、世界中のお客さまに製品・サービスを提供している先駆的技術のリーダーです。 125年以上にわたり、技術革新の歴史を重ね、そして今日、ABBは産業のデジタル化の未来を描き、エネルギーおよび第四次産業革命を推し進めています。ABBは世界100か国以上に約132,000人の従業員を擁しています。

IBM について

詳細な情報については www.ibm.com/iot, www.ibm.com/internet-of-things/iot-solutions/iot-manufacturing をご覧いただくか、Twitterで@IBMIoT をフォローしてください。

本件に関するお問い合わせ先:ABB 株式会社広報・渉外又吉 / 村山

      • Twitter
      • Facebook
      • LinkedIn
      • Weibo
      • プリント
      • Eメール
    seitp202 dc6e847126afdbe0c125810d0031ba45