ABB株式会社、中~大規模分散型システム向けパワーコンディショナ:TRIO 50kWを販売開始

2017-02-20 - 2017年2月20日、東京発 – 中~大規模分散型システムに適した日本仕様の高圧太陽光発電設備向けパワーコンディショナ:TRIO 50kWを、2017年3月1日、国際スマートグリッドEXPOへの出展と同時に、日本市場で販売を開始します

ABBは、電力技術の世界的リーディング企業の1社として、太陽光発電分野においても世界規模で事業を展開しています。そして、太陽光発電などの再生可能エネルギー発電システムを安定的な電源オプションのひとつと成すべく、世界各地で得られた実績やノウハウを常にフィードバックし、より高効率で扱いやすく、信頼性の高い、実践的かつ多様なニーズをカバーする製品の開発を継続しています。

そこで2017年3月1日~3日の国際スマートグリッドEXPOへの出展において、2017年販売開始予定の屋外設置対応セントラル型1500V対応パワーコンディショナPVS 980とともに、中~大規模分散型システム向け高圧パワーコンディショナ:TRIO 50kWを出展、販売開始いたします。

今回販売を開始するTRIO 50kWは、国内の分散設置方式の先駆的モデルとして、既に国内販売を開始し、ご好評を頂いているTRIO 27.6kWに続くTRIOシリーズの新製品です。太陽光発電パワーコンディショナの分散設置方式において、すべての利点を強化したTRIO 50kWは、中~大規模の発電設備を中心に、さまざまな設置状況に対応が可能です。大規模システムにおいても分散型構成によるメリットがさらに活かせる設計となっています。

TRIO 50kWによって、実績あるセントラル型パワーコンディショナと併せ、現在、ニーズが増加している分散設置方式ニーズにもより多角的に対応し、お客さまの投資効率の最大化に引き続き貢献します。なお、TRIOシリーズは現在までに世界各地で20万台以上の出荷実績を有しており、その経験を活かしたサポートメニューも確立しています。

ハイパワー分散型パワーコンディショナ

TRIO 50kWにより、ABBの分散型パワーコンディショナは、製品ポートフォリオを定格出力50kW まで拡大します。主に中~大規模の高圧向け分散型構成に最適な製品です。本製品の大きな特長のひとつであるダブルステージ制御により、PVパネルの発電電圧が低い場合でも効率の良い発電を実現します。

製品の特長

TRIO 50kW は定格出力50kW でDC1000Vシステムに対応しています。最大12回路までのDC入力が可能です。防塵防水性能はIP65規格に対応し、厳しい環境条件での屋外使用にも耐える設計となっています。 大容量パワーコンディショナであるにもかかわらず、一般的な垂直方向設置だけでなく、水平方向設置が可能なため、日本特有の仰角が小さいPVパネル設置においても架台裏のスペースを有効活用できるなど、分散型太陽光発電システムのメリットを活かした次世代モデルの製品です。

また、TRIOはダブルステージ制御方式を採用、ABB 独自の制御アルゴリズム技術と回路により、1)発電動作可能なDC入力電圧の範囲を拡大、2) 高温時、高照射時による発電ロスをなくし、3) PVアレイの一部分に影がかかる状況でも最大出力点で発電、4) グリッド電圧の影響でAC電圧が高く、入力DC電圧が低い場合でも昇圧制御して安定した発電が可能などの特長をもっているため、様々な環境条件に対して高効率な発電を実現します。

設置のしやすさ、安全設計

TRIO 50kW は設置や試運転がしやすい設計になっています。また、メンテナンス性も高く、O&Mのコスト軽減に有益です。設置については、PVパネルの架台を利用して垂直に設置することはもちろん、水平状態で設置することも可能なため、さまざまな条件のサイト構成を無駄なく設計することが可能です。 また、DC入力配線作業において配線ミスがあった場合、LEDによりひと目で判別できる機能を備えており、通電前に配線のケアレスミスを視覚的に排除できる、安全設計を採用しています。

モジュール方式

TRIO 50kW は、パワーコンディショナ本体と取り外し可能な2つの接続箱で構成されています。DC接続箱はパネル側に、AC接続箱は系統側に配置され、パワーコンディショナを中央に3つの独立したモジュールユニットで構成されており、取り付けや取り外し作業、配線作業がしやすくなっています。DC、AC接続箱ともに開閉器と雷サージ保護機器(SPD)も備えており、安全性にも配慮しています。

TRIO 50kW は製品の特性や取り回しのしやすさから、さまざまな制限がある設置場所においても、コストメリットが期待できる例が多くあります。 ABB株式会社は、このような製品の利点を活かした最適なシステムのご提案も行っています。

ABB株式会社は日本でDC1000Vシステムを初めて系統連系したパイオニアであり、10電力管内すべてで系統連系の実績を有し、国内の太陽光発電システムに精通しています。また、太陽光発電のみならず、電力技術における先駆的技術の世界的リーダーとしての世界市場での経験、知見をベースに、市場動向も見据えたマイクログリッド、データセンターなどの「太陽光発電+α」のニーズにも対応しています。引き続き、 世界的な事業規模だからこそ持続可能な製品開発力を活かし、日本のお客さまのニーズに適した新たな価値を提案し続けます。

ABB株式会社は、2017年3月1日(水)〜 3日(金)に東京ビックサイトにて行われる、第7回国際スマートグリッドEXPOに出展します。 (西1ホール、小間番号W6-44) TRIO 50kWを実機展示いたしますので、是非お立ち寄りください。

ABB(ABBN:SIX Swiss EX)は、電力、一般産業、交通/社会基盤においてエレクトリフィケーション・プロダクト、ロボティクス&モーション、インダストリアル・オートメーションおよびパワーグリッドの各分野で、世界中のお客さまに製品・サービスを提供している先駆的技術のリーダーです。 125年以上にわたり、技術革新の歴史を重ね、そして今日、ABBは産業のデジタル化の未来を描き、エネルギーおよび第四次産業革命を推し進めています。ABBは世界100か国以上に約132,000人の従業員を擁しています。

ABBジャパン(www.abb.co.jp)は、ABBのグローバルネットワークの国内拠点です。ABBジャパンは、ABB株式会社と3つの合弁会社でグループを構成し、約750名の従業員、15都市にわたる販売/サービスネットワークを展開しています。日本国内において電力およびオートメーションに関する事業を、製造、販売、サービスの各分野で展開しています。

本件に関するお問い合わせ先:
ABB 株式会社
広報・渉外
又吉 / 村山


      • Twitter
      • Facebook
      • LinkedIn
      • Weibo
      • プリント
      • Eメール
    TRIO 50kW
    seitp202 8400f23ae4d2d7edc12580cc00824e5a