ABB、ジュネーブ市から、無公害かつ15秒急速充電が可能な次世代の電動バスシステムを初受注

2016-07-19 - 2016年7月15日、スイス、チューリッヒ発– ABBの画期的な技術により、現在のディーゼルバスの代替として、架線設備不要、静かで無公害な公共交通システムを可能にします。まさに未来の都市交通のモデルケースです。

ABBは、ジュネーブ州の公共交通機関を運営するジュネーブ公共交通であるTPG(Transports Publics Genevois)およびスイスのバス車両製造会社、HESS社より、合計で1600万米ドル相当のプロジェクトを受注しました。これは、12台のTOSA(Trolleybus Optimisation Syst鑞ochme Alimentation)と呼ばれる電動トローリーバスの車載電気システム、ならびに急速充電設備を供給するというものです。この電動トローリーバスは、ジュネーブ空港とジュネーブ郊外を結ぶ23番線を走ることとなります。このバスの電化により、現在のディーゼルバスと比較して、年間1000トンもの二酸化炭素排出削減が見込まれます。

ABB は、バスの運行ルートに沿って、13基の急速充電ステーションならびに3か所のターミナル、4か所の供給ステーションを設置します。バスを1秒以内で充電器に接続する技術は世界最速です。また、車載バッテリーは停留所に停止している間に600キロワット、わずか15秒で急速充電されます。終点のターミナルにおいて、3~4分の追加充電をするだけで、フル充電することができます。この画期的な技術は、スイスのABBのエンジニアが開発したものです。

「我々の技術的ブレイクスルーが、静かで無公害の公共交通システムを提供するというジュネーブ市のビジョンを支援することができるのは、大変誇らしいことです。これは、未来の都市交通のモデルとなるものであり、よい世界のための持続可能な移動手段というABBのビジョンを強化するものでもあります。我々のネクストレベル戦略の一環として、お客さまのニーズに特化した、環境負荷を低減する技術およびソリューションの開発に尽力しています。」と、パワーグリッド事業のプレジデント、クラウディオ・ファキーンは述べています。

23番線を走るTOSAへの同システムの導入の決め手となったのは、ジュネーブ空港―パレクスポ展示場間の電動バスの運用試験の成功によるものです。23番線のバスルートは、11,000軒の集合住宅、11,000人の労働人口を収容するオフィスを新たに建築中のプレイユ-アカシア-ヴェルネ(Praille-Acacias-Vernet)地域 へのアクセスを改善するため、若干のルート変更がなされました。2018年に同システムが完成すれば、混雑時にはそれぞれのターミナルから10分おきに連結式大容量のバスが発車します。 1日10,000人以上の利用客があるこのルートでTOSAが現行のディーゼルバスから電動バスへ切り替えることによって、騒音ならびに環境ガス排出の低減が見込まれます。

別途HESS社からは、バス向けのトラクションコンバータ、補助コンバータ、屋根置き蓄電ユニット、永久磁石推進モータから成るフレキシブルドライブトレーンソリューション12基を受注しました。運行の信頼性、安全性そして効率を担保するため、どちらの契約も、5年間の保守およびサービス契約を含んでいます。

「TOSAの当システムの23番線への採用は、未来のバスへのビジョンに共感し、投資してくださった公共、民間双方のパートナーの皆さんのコラボレーションの賜物です。この画期的なプロジェクトは、私たちのコミュニティの幸福を実現するための持続可能で環境負荷の低い公共交通機関を現実のものとすることで、未来の交通システムへの扉を開けるものです。」と、ジュネーブ州の交通・環境担当審議官、リュック・バタサ氏はコメントしています。

ジュネーブは、外交、金融、技術、そしてイノベーションの中心地として世界をリードする都市のひとつに数えられます。また、生活水準が高く、観光地としても人気の高い都市です。世界最多の国際機関の拠点であり、国際連合、赤十字社の本拠地としても知られます。

ABBは鉄道、地下鉄、電動バス、車両などの移動手段を支える技術を有し、提供しています。交通と社会インフラは、電力、産業とともに当社が特化し、支援する主要3セグメントのお客さまのひとつであり、持続可能な交通手段はABBのネクストレベル戦略においても、主要な分野として注力しています。
ABBは今年、スイスでの創業から125周年を数え、鉄道をはじめとして、交通分野に意欲的に関わって参りました。直近の例として、鉄道トンネルとしては、世界最長のアルプスのゴッタルド基底トンネル(57キロメートル)への貢献が挙げられます。

ABB について(www.abb.com) ABBは、世界の約100カ国に135,000人の従業員を擁する電力技術とオートメーション技術のリーディングカンパニーです。環境負荷を最低限に抑えながら、お客さまの業務効率を最適化する製品、ソリューションの数々を、電力、一般産業、交通/社会基盤の各分野に提供しています。

ABBジャパンについて (www.abb.co.jp)ABBジャパンは、ABBのグローバルネットワークの国内拠点です。ABBジャパンは、ABB株式会社と3つの合弁会社でグループを構成し、約750名の従業員、15都市にわたる販売/サービスネットワークを展開しています。日本国内において電力およびオートメーションに関する事業を、製造、販売、サービスの各分野で展開しています。



本件に関するお問い合わせ先:

ABB 株式会社
広報・渉外
又吉 / 村山
住所:東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower 22F
Tel:03-4523-6150
Fax: 03-4523-6190

      • Twitter
      • Facebook
      • LinkedIn
      • Weibo
      • プリント
      • Eメール
    seitp202 591ff646aa37d76ec1257ff5000b2a5d