ABB、世界最強の超高圧直流変圧器を開発

2012-07-03 – 超高圧直流送電用コンバータ変圧器は、100万ボルト超の電圧で、高効率と信頼性を実現し、より大容量の電力をより長い距離にわたって送電します。

2012年7月3日、スイスチューリッヒ発– 電力およびオートメーション技術で世界をリードするABBは、1,100kVの超高圧直流送電(UHVDC: Ultra high voltage direct current)用コンバータ変圧器の開発および試験に成功しました。直流最高電圧の記録を塗り替える快挙で、より大量の電力を効率的に、より長い距離を送電することが可能となりました。

ABBが手がけた中国向家ダム上海間、6,400MWの電力を2,000km強の、800kVの超高圧直流送電系統で結んだ例が記録でした。新しく開発した1,100kVコンバータ変圧器を用いた技術により、10,000MW以上の電力を3,000km送電することが可能になります。

直流送電(HVDC: High voltage direct current)技術では、より高い送電電圧であればより大量の電力を長距離にわたって最小のロスで送電することが可能です。コンバータ変圧器は直流送電において、直流系統と交流系統間を接続する、大変重要な役割を担っています。1,100kVの変圧器の開発の際、その大きさ、ブッシングなどの絶縁性、熱特性など、幾つもの技術的な困難に取り組んできました。

「この、新しい1,100kV変圧器技術により、より効率的かつ確実に、高電圧による長距離送電を、最小の電力損失で可能にします。。技術力とイノベーションは、ABBの文化の根幹を成すものです。 今回の事例は、我々の中に脈々と流れる開拓者精神の顕れの、ほんの一例です。」 と、ABB のパワープロダクトディビジョン責任者、ベルンハルト・ユッカーは述べています。

UHVDCによる送電は、ABB が50年以上前に発明したHVDC技術の発展型であり、過去20年以上にわたる技術の飛躍的な進化により、最大容量、最高効率での送電を実現しています。 ABBは、HVDC技術の世界的なリーダーであり、この分野で多くの先駆的実績を挙げ、70件以上のプロジェクトを世界中で手がけてきました。 この実績は、送電容量に換算すると、合計で60,000MWに相当します。

変圧器は、電力系統の主要部品であり、異なる電圧システム間での安全かつ効率的な変換に欠くことのできないものです。 ABBは、発変電所用トランス、乾式および油絶縁配電用変圧器、特殊変圧器およびサービス、変圧器用各種コンポーネントなど、多種多様な製品を取り揃えています。

■ABBについて ( http://www.abb.com/ )
ABBは、世界のおよそ100カ国に145,000人の従業員を擁する電力技術とオートメーション技術のリーディングカンパニーです。環境負荷を最低限に抑えながらお客さまの業務効率を最適化するソリューションの数々を、産業界と公益事業の皆さまに提供しています。

■ABB株式会社について ( http://www.abb.co.jp/ )
ABBの日本法人であるABB株式会社は、国内において電力およびオートメーション事業を、製造、販売、サービス分野にわたって展開しています。また、ABBの日本国内における活動は、ABB株式会社と3つの合弁事業から構成されており、ABBジャパングループとして約700名の従業員、13都市にわたる販売/サービスネットワークを擁しています。

【本件に関するお問合わせ先】

ABB株式会社
所在地: 〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
担当 : 広報部 又吉 智子
E-MAIL: jpabb.communications@jp.abb.com
TEL  : 03-5784-6254
FAX  : 03-5784-6281

      • Twitter
      • Facebook
      • LinkedIn
      • Weibo
      • プリント
      • Eメール

    コンタクト先

    General information
    • jpabb.communications@jp.abb.com
      詳しくは下記へお問い合わせ下さい
      〒150-8512
      東京都渋谷区桜丘町26番1号
      セルリアンタワー
      03-5784-6254
      03-5784-6281
    seitp202 3efbb816f98dadaac1257a31000bdd1b